唄って踊れる鍛冶屋さん✴︎ultratomatoの勝手にblog!!

人生いろいろ。未来は未知数。今まで経験してきたこと、考えたこと、メインは音楽。想像できることのみ実現出来る。座右の銘は、絶対は自分の為だけにある。

AIR 車谷浩司さん

田舎暮らしの僕が初めて大きなステージのライブに行ったのがAIRでした。

良くテレビで見る感じ?(どんなだ?)
偉大な人を想像する時の描写で、本人の背後に物凄いデカイ姿が

バーーーッン!!

見えるやーつ?(分かる?)

あれが見えちゃったよねー
( ゚д゚)( ゚д゚)( ゚д゚)

なんでも初体験ってのが、色濃く未知なるトビラが開く時だと勝手におもってるんだけど
んまーあれは凄かった( ´ ▽ ` )

AIRを知ったきっかけは、当時のバンドメンバーのギタリストから。

f:id:ultratomato:20160516193835j:image

Usual tone of voise

(レビューを書けるほどの文書力と感性がないので、興味があったら調べてね♡)

高校生の僕にはイナズマクラッシュだったよねー☆

AIRはロックでジャジーでヒップホップ調で。
ジャンルの壁無しミクスチャーの初体験。

AIR車谷浩司さんのアーティスト名?
車谷浩司AIRみたいな1人なんですが、サポートメンバーがちょーベテランの

dr.佐野康夫さん
Ba.渡辺等さん

佐野さんのタイトなパワフルドラムに
渡辺 さんのチェロ!ロックにチェロ!?ありえへーん!!!!

f:id:ultratomato:20160516194624j:image

ベテランリズム隊の上に乗る車谷さんのハイトーンの甘いヴォイス(ヴォね!)
うねる轟音ギター!

甘いメロディーから、ラップまで様々。

7弦ギターでグウォングォン言わせてた時は痺れたねー{(-_-)}

轟音とはこれか!!と。

f:id:ultratomato:20160516194729j:image

もう一つの魅力として、楽曲がシンプルなものが多いという事。

車谷さんの透き通った声がより抜けるように、低音を利かせ、ギターも比較的シンプルといった造り。

僕も陥った事なんだけど、曲作りの時って、厚みを求めてどんどん音を重ねてしまうんですね。足りないものを補おうと。

でもね、それが逆にお互いに消しあって、どんどん聞きづらくなっていくというスパイラル!

スパイラルと言えば、AIRの前にスパイラルライフというユニットを組んでたねー!

いい流れ( ´ ▽ ` )ノ

上京後の初ライブではスパイラルライフのカバーもやりました!
GARDENだったねー!

UKロックを僕は壮大な渇いた音楽(全てがじゃないよ!)と例えることがあるんだけど、UKロックっぽさのある壮大な感じで心地よい。

何にせよ車谷さんの透き通った声が一番のウリでそれに魅了されました。

今はLaika came backとして活動されてるようです。

アコースティックな感じのを聴きましたね。

僕の目標として、アコースティックで何かしらの音楽活動をしたいというのがあるので、車谷さんがまた、公に出てくる事を期待したいです。


BAKUの頃はまだ10代だったはず?

業界は長かったんですね。

10代の僕は何をしてたでしょう?
余裕こきすぎて遊んでた(;´Д`A

ここが僕の最悪な欠点だったと。
しくじり先生だなぁ。。。

まぁ、こうやって書いてるといろいろと思い出すものですね。いい機会です^ ^

であ。

また。

   ウルとま