唄って踊れる鍛冶屋さん✴︎ultratomatoの勝手にblog!!

人生いろいろ。未来は未知数。今まで経験してきたこと、考えたこと、メインは音楽。想像できることのみ実現出来る。座右の銘は、絶対は自分の為だけにある。

聴覚と視覚。見る。聞く。

おはこんにちばんは。

 

ちょこちょこブログのデザインをいじってるんですが、うすらWEBデザイン知識では

???なことが多すぎて全然進んでいかないウルとまです。

( `ー´)ノ

 

今回は

 

目と耳。

聴覚と視覚をテーマに、音楽を語ってみようと思います。

 

音楽っていうくらいだから、聴覚はもちろんフル使用なのはいわずもがな。

 

聴覚+視覚というものも大事な要素だと思っています。

 

僕の音楽への入りは、小学生の時、チャゲアスでした。

 

小学生の僕は直感的にこの歌いいなぁ♪って思ってCDをお年玉で買い、

ひたすら一枚のアルバムを何度も聞いていました。

 

その後は、サッカーにはまり過ぎて少し音楽からは離れていきます。

 

中学生になった頃、思春期真っ只中!!!

 

あれがかっこいい!あんなこと出来たらモテるのか!?そんな下心も"(-""-)"

 

そこではまったのがXjapanでした。

 

「PSYCHEDELIC VIOLENCE CRIME OF VISUAL SHOCK」

 

これはVoのToshiさんが代表曲「X」の時に、コール&レスポンスの際、発するフレーズ。

 

もとは故hideさんが作ったフレーズ。

 

そこからXはVISUAL系というジャンルを確立されたのですね。

 

カラフルな髪形で逆立て、ど派手な衣装にど派手なメイク。

 

初めて見た時は、度肝を抜かれましたねw

 

僕の視覚に否応なしに飛び込んできて、超絶インパクトを与えたのです。

 

 

 

その他には、パフォーマンス。これも視覚を刺激するものです。

 

すべての売れる音楽にどちらもということでは、ないかもしれないけど、

感覚の2つを刺激されるということは、得られる刺激が増える分、ファン層も広がっていく気がします。

 

見た目が激しければいいというわけでもなく、僕はスピッツなども大好きです。

 

スピッツの衣装は、普段着というような感じのイメージ。

決して派手ではない。

 

それでも、初めてMステで見たときは衝撃を受けました。

 

涙がキラリ☆

 

でした。ハイトーンヴォイスの正宗さんのあまり表情を変えずに歌う姿が曲にマッチしていて、かっこよかった。

 

そしてギタリストの三輪テツヤさん。音楽性が違うのか?と思うくらいのインパクト感。

 

そのGAPもまた良し!!

 

こんな感じで見るという視覚の観点でも、音楽の楽しみもあると思います。

 

アーティストですからね。

 

なにか欠けていたら、なにか足りないねと、気付いてしまうものだと。

 

そんな中でも、ゴールデンボンバーのようなエアバンドなんてのも売れてしまうんですから、もう大変!

 

楽器は弾けなくていいのか!!!!???

 

ってなっても、もの凄く稀なケースだと思いますよ。ただ、一周回って新しい感はありましたよねwそういうところに目をつけるのも、プロデュ〜スするには必要な目線なのかもしれません。

 

次にエアバンドです( ´ ▽ ` )ノ

 

って出ても一蹴されて終わるでしょうねw

 

よっぽどの目玉商品があれば、別ですが。

 

足りないものを補えるほど、秀でた別のものがあるのならそれに賭けるのも一つの手でしょう。 

 

って、毎回毎回話迷子になっていくこの感じ。なんとかならないものでしょうか。。。

 

僕は一人で話すより、対話で相手に舵取りをしてもらったほうがいいのかもしれないですw

 

そんなこんなの日曜日。

 

であ。

 

また。

 

    ウルとま