読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

唄って踊れる鍛冶屋さん✴︎ultratomatoの勝手にblog!!

人生いろいろ。未来は未知数。今まで経験してきたこと、考えたこと、メインは音楽。想像できることのみ実現出来る。座右の銘は、絶対は自分の為だけにある。

お題スロットオン!!プレゼント!

お題「プレゼント」

 

初めてお題で書いてみようと思います。

 

プレゼント!プレゼント!!くっっれ♪くッレ♪

 

なんてのは、置いといて。( ^ ^ )/□

 

僕個人の真面目な真剣なプレゼントの捉え方。

 

「プレゼントは自己満である」

 

出ました!!

 

これに尽きるo(`ω´ )o

 

例えば、恋人にプレゼントをあげるとしよう。いろいろ考え抜いて、友達まで巻き込み、デパートの高級アクセサリーショップで、高価な高価なネックレスを買ったとして。

 

買った自分としては、こんなに悩んで、きっと似合うし、気に入ってもらえるだろうし、何よりも高かった!と思って買ったプレゼント。

 

本当に恋人は心底喜んでくれますか?気持ちは100パー嬉しく頂けます。

でも、プレゼントのデザインやネックレスは本当にお気に入りがあって他のものはいらない。や、そんな高価なものは受け取れないなど。もらう側の気持ちもあるはず。

 

もひとつの例え。

 

プレゼントになにかあげるから一緒に買いに行こう。

 

これがですね。僕の中では、微妙で。年を取ってからはこれしかないんですがw

 

結局、相手の望むものをという究極の自己満!?じゃね?と。

 

選択権は相手に持たせ、相手も満足、自分も満足。

 

円満解決だと思う一方で、自分で選ぶことを避けた選択だと。

 

なんだかんだ言っておきながら、自分の時はそんなこと考える余裕もなく、貰う時はもらう。あげる時はあげる。

ぐじぐじ言いません。

 

ただ、プレゼントとは?

 

と、問われるとこういう答えになってしまうのでした。

 

最後に一つ。

 

多くを人には求めない。

 

高価なブランドものをもらう人は、高価なものをもらうのが当たり前になり、一度いらないと断れば、断る癖がついていく。

 

あーもっと最後にひとつw

 

たまにアーティストにプレゼントを送って、付けてくれないとか、プレゼントが売られた?とか?よくわからないけど、見ます。

 

アーティストもすべてのものを身につけられるわけないし、そもそもファンの一人、一人すべての人の思うように何て、いくわけがないのです。

 

まぁその辺は、本人達も割り切ってはいるはずですけどね。

 

売られたはよくわかりませんw

 

手を離れた時点でもう自分のものでなく相手のものなのだから、それ以上は介入しないほうがいいのでは?と、思うのでしたw

 

最近はたまらなく暑いですね。

 

熱中症には、塩分水分ですよ!

 

であ。

 

また。

 

    ウルとま